【恋愛】HSPの彼氏・彼女との付き合い方! されて嫌なこと&嬉しいこと解説

  • 2020年10月8日
  • 人生
  • 123view
  • 0件

パートナーが『繊細さん』ことHSP気質で、どういう接し方をすればいいのか悩んでいませんか?

非HSPの人にとっては、HSPの彼氏・彼女と付き合っていると「そんなところが気になるの!?」と思うような経験があると思います。

しかし、HSP の人にとっては、気にしたくなくても気になってしまうものなのです。

HSP の彼氏・彼女と付き合っていく上で、非HSPのあなたが相手が気になっていることを「そんなことくらいで」と無視してしまうと、HSP のお相手にとってはストレスとなります。

それが原因で喧嘩の原因にもなったり、上手くいかなかったりすることもあると思います。

あらかじめ、HSP のパートナーがされて嫌なことがわかっていれば不仲の原因にならずに済むでしょう。

今回は、HSP の彼氏・彼女がされて嫌なこと&嬉しいことを解説していきたいと思います。

 

筆者自身も典型的なHSP気質のため、これまでも恋愛が上手くいかなかったことが多々あります。

それらの経験を踏まえて参考にしてもらえれば幸いです。

 

この記事は、こんな人に読んでもらいたい記事です。

  • HSPの彼氏・彼女とどう付き合えばいいのか悩んでいる人
  • HSPの彼氏・彼女がされて嫌なこと、嬉しいことを知りたい人
ねむるちゃん
HSP の人は気にしたくなくても気になってしまう人がほとんど。悪気はないのです・・・。
HSPの彼氏・彼女さんにオススメの本↓

 

 

HSP の恋人と付き合うと?

HSPとは

そもそも『HSPとはなんなのか』という話ですけれど、HSP とは(Highly Sensitive Person)の略で感受性が極めて強く、繊細な人のことを指します。

人口の5人に1人はHSPであると言われており、些細なことに気付きやすいため、生活していく上でストレスがかかりやすい傾向があります。

決して勘違いして欲しくないのは病気や発達障害といった類のものではなく、性格や気質といったものであるということです。

HSP の恋愛面での長所

HSPの人は、『細かい』『ビックリしやすい』『繊細で傷つきやすい』などといったイメージで、ネガティブなイメージが先行しているかもしれません。

しかし、HSPにはHSP のいいところがたくさんあります。むしろ恋人にすることで良いところもあるので、いくつか紹介したいと思います。

優しい・気が利く

HSPの人は、細かいことや相手の気持ちに気が付きやすく、相手がして欲しいことがなんとなくわかります。

人の気持ちを想像するクセがついているので、常に相手の立場に立って物事を考えがちなので疲れやすいかもしれませんが、彼氏・彼女がHSPだと色々と気を回してくれるでしょう。

また、子供や動物の気持ちも想像することができるので、弱い立場の人に対しても優しく接することができるのがHSPの特徴です。

遅刻しない

遅刻することへの不安が強いため、デートの待ち合わせ場所へは早めに到着している場合が多いです。

「もし遅刻することで相手に嫌われないか」など、相手のことを考え早めに家を出がちです。

筆者の友達や彼女を見てみても、HSP 気質の人は遅刻することがほとんどないです。約束の時間を守れることは当たり前のことですが、プライベートだと適当になってしまう人もいます。

その点、HSPの彼氏・彼女だときっと約束を守ってくれるでしょう。

HSPの彼氏・彼女さんにオススメの本↓

 

HSPさんが彼氏・彼女にされて嫌な行動

生活音が大きい

HSP の人にとって大きな音や騒音は苦手です。

例えば、扉を勢いよく閉めたり、トイレの蓋をバタンと閉じたり。生活環境の中でいきなり大きな音がするととてもビックリするので、ストレスになりやすいです。

少し気をつけてもらえると、HSP の人は助かります。

心ない言動

HSP の人はその敏感さゆえに傷つきやすい傾向があります。

普通の人なら「そんなことで」といったことでも、ずるずると引きずって気にしてしまうのがHSPの特徴。悪気がなくとも、何日も悩んでしまいがちです。

まあ、HSPの人だけに限った話ではないですけどね笑

無表情

HSPの人は、相手の表情をよく見ています。

そして、そこから相手の感情を読み取ったりするのですが、無表情な人や喜怒哀楽が薄い人だと、「自分と居て楽しくないのかな」と不安になってしまいがちです。

相手の表情を読み取る力が優れているHSPだからこそ、ハッキリとした感情表示をしてもらうことがストレスの軽減になります。

自分をコントロールできない

すぐに怒ったり、泣いたりと感情の起伏が激しく自分の機嫌をコントロール出来ていない人は、HSPの人にとって最も苦手なタイプと言えます。

ただでさえいつも気を遣って疲れやすいHSPの人にとって、常に相手の顔色を伺い続けなければならない状況はかなりしんどいはずです。

自分の機嫌を自分で取れない相手だと、HSPの人とは長く続くのは難しいかもしれません。

HSPさんが彼氏・彼女にされて嬉しいこと

よく笑う

HSPの人は、相手の表情にも敏感に察知します。

デート中にあなたの笑顔が多いと、「楽しんでくれているな」と安心できるので、傷つきやすいHSPの恋人にとっては最も嬉しいこと。

HSP の恋人と付き合っている方はよく笑うようにしてみてください。

HSP の特徴を理解しようとする

やはりHSPの人にとって、最も嬉しいことは理解しようとしてくれることでしょう。

「気にしないほうがいい」と言われても「気になってしまう」のがHSP。その生きづらく悩んでいる人も多い気質を非難するのではなく、認めてくれる人がいると嬉しいものです。

この記事を読んでくれている人は既にその意欲があるので、きっとHSPの恋人さんに向いていると思います。

感謝の言葉がある

HSP の人は相手の気持ちを読み取るのが得意です。

こういうことをしたら喜んでくれるかな、と色々と気を回しますが、本当に喜ばれているかどうかは「言葉」にしてもらわないとわからないです。

ちゃんと「言葉」にしてくれることで、HSP の人は安心することができます。

彼氏・彼女がHSPでも嫌いにならないで

恋人がHSPだと分かってもそれが理由で嫌いにならないであげて欲しいです。

HSP はネガティブなイメージが強いですが、上記したように良いところもたくさんあります。

もちろんHSPだからと言って、何にでも気になるわけではありません。

人それぞれ気になるところも変わってきます。完全に相手のことを解ることは難しいかもしれませんが、理解しようとする気持ちがあるだけでも大きく違ってくると思います。

 

HSPの彼氏・彼女さんにオススメの本↓

ねむるちゃん
ツイッターも更新しているので良かったらフォローお願いします!